高松定住促進プロジェクト

  • HOME »
  • 高松定住促進プロジェクト

高松定住促進プロジェクト

名称

高松定住促進プロジェクト

目的

少子高齢化の影響による若年層の人口減少が深刻化する中、地域経済を好循環させていくためには、定住人口を確保する必要がある。このプロジェクトは、高松の「暮らしやすさ」を中心に、様々な高松の魅力や情報を発信しつつ、生産年齢人口減少改善及び定住促進に繋げることを目的とします。

実施内容

平成26年度は、支店経済都市であることを高松市の「強み」としてとらえ、転勤者である短期定住者にとって暮らしやすい環境を提供し、将来的に長期移住者へと転化していく可能性を高めるべく調査を行います。特に転勤者の妻に注目し、高松で気の合う人と出会い、高松に愛着をもってもらう機会を提供することで、高松市が「暮らしやすい」と感じてもらえるよう、その支援体制を検討します。

  • 調査1
  • 調査2
  • 調査3
  • 調査4

実施スケジュール

・平成26年5月~ 文献調査
・平成26年6月~ 転勤者支援の現状調査
・平成26年9月 転勤者の妻に対するインタビュー調査
・平成26年12月3日(水) 転勤者の妻を対象としたイベント開催(マップづくり)
・平成26年12月11日(木) 転勤者の妻を対象としたイベント開催(料理教室等)

お問い合わせ
facebook
香川大学
香川大学ビジネススクール
PAGETOP